ワカメ

フコイダンの効果は高い|病気からカラダを守る

酸化防止のために

海藻類

酸化による体の衰え

フコイダンは、ピロリ菌や異常細胞を除去できることから、胃潰瘍やガンの予防効果がある成分として知られています。そして昨今ではさらに、フコイダンに抗酸化作用があることも判明しました。抗酸化作用とは、体内の活性酸素を除去することで、細胞の酸化を防ぐ効果のことです。バナナは皮をむくと、酸化して黒ずんでいきますが、細胞もまた酸化すると、正常な状態を保てなくなります。そして細胞のひとつひとつが衰えていけば、やがては体全体が弱っていくことになります。しかしフコイダンを摂取すれば、活性酸素を除去することができるのです。ガンは細胞の酸化も原因のひとつとなっているので、その点からもフコイダンはガンの予防に効果的と言えます。

ポリフェノールの働き

なぜフコイダンに抗酸化作用があるのかというと、ポリフェノールが含まれているからです。ポリフェノールは、活性酸素の影響を受けやすい抗酸化物質です。そのため体内にポリフェノールが存在していれば、活性酸素はまずはこれを酸化させようと働きます。その分、細胞が活性酸素の影響を多くは受けずに済むようになるわけです。ただし、フコイダンを摂取していれば、体の酸化が確実に防がれるわけではありません。酸化は生活習慣の乱れも原因のひとつとなっているからです。逆に言えば、生活習慣に気をつけながらフコイダンを摂取していれば、酸化の防止効果が一層期待できるようになるということです。もちろん胃潰瘍やガンの発症も防ぎやすくなります。