ワカメ

フコイダンの効果は高い|病気からカラダを守る

粘り食品の健康成分

笑顔

日本食に多いネバネバ成分

日本人が昔から食べてきた食品には、多くの健康にいい成分が豊富にあり、知らず知らずのうちに健康効果が高い成分を摂取してきたという例がいくつもあります。日本食にはおなじみの昆布やもずくなどの海藻のほかに、納豆、なめこ、山芋など、ネバネバした食品が多くあります。これらにはフコイダンが多く含まれています。フコイダンとは、水溶性食物繊維の一つで、ネバネバ食品の粘り成分そのものとも言えます。フコイダンを摂取すると、お通じをよくしたり腸をきれいに整える効果があります。食物繊維は不溶性と水溶性があり、水溶性のものは意外と多く取りにくいものです。日本食に多いネバネバ食品を食べることで効率的にフコイダンを摂取することができます。

特に多く含まれる食品

フコイダンの効果には、他にも免疫力アップや血圧を下げやすくする効果、肝機能の改善という働きもあることが知られています。保水能力が非常に高いこともフコイダンの特徴です。これは、生きているときの植物が、細胞が傷ついたときに素早く修復したり、周りの水分が少ないときに乾燥から守ったりする役割をしています。そのため、摂取すると皮膚を乾燥から防いだり、体全体の保水力を高めて病気になりにくくする働きもあります。特に多く含まれる食品は昆布の中でも、北海道で多くとれるがごめ昆布という種類に豊富に含まれていると言われています。がごめ昆布に含まれるフコイダンは分子量が大きくて、様々な健康効果がより強いと言われています。